神奈川県高座郡寒川町MT邸 地盤調査

2014年04月30日

寒川町のMT邸計画地にてレイリー波試験を実施しました。

 

木造住宅の地盤調査といえばSS(スウェーデン式サウンディング試験)が主流ですが表面波探査法(レイリー波)試験を行う事でより高精度な調査が可能です。
コストはかかりますが、SSでは地盤支持力しか分かりませんがレイリー波試験では沈下量も調査可能です。
こちらの物件の隣地ではSS試験→地盤改良が必要。
計画地ではレイリー波試験→改良不要と判定されました。
すべてではありませんが、このような事例が多々あります。