神奈川県茅ヶ崎市TD邸(アトリエ併用住宅)地盤改良工事

2018年03月17日

神奈川県茅ヶ崎市TD邸(アトリエ併用住宅)の地盤改良工事立会い

 

軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下であるため柱状改良工事を実施しました。
柱状改良とは、土中にスラリー(セメントミルク)と土を攪拌したコンクリートの柱を形成する改良方法です。
スラリーの配合が設計通りであることや掘削深度が支持層に到達していることなどが施工時の重要なポイントになります。
柱状改良は建物を柱状のコンクリートで支えるだけではなく、柱と柱周囲の摩擦力も加わり建物の荷重をより支える構造となっています。

スラリーは流量計で確認をします。

掘削深さは深度計で確認します。混合攪拌状況によっては2サイクルで混合攪拌を行います。
安全第一です。確認するのも設計事務所の仕事です。