「設計施工分離という考え方・・・」

設計事務所へ依頼される場合のメリットについて

設計施工分離型(設計事務所へ依頼される場合)の主な利点は計画から完成まで、専門家によるトータルコントロールが可能という点です。理想に近い住宅や店舗を実現する環境が整っていると言ってもいいでしょう。設計から施工まですべてを同じ業者が行う設計施工一貫型に比べ以下のような利点があります。

設計施工一貫型では施工を踏まえた設計になるため希望どうりの設計をしてもらえないことも多く、洗練された設計が望めないことが多くなります。設計施工分離型では細かな打合せが可能ですオーナー様の意見が行届いたオリジナリティーのある質の高い建築計画を実現できます。

設計施工一貫型の場合、業者選定においてメーカーや工務店・建設会社など複数の業者各々と設計や見積りに関する打合せを行う必要があります。希望業者にたどり着くまで、クライアント様自身が大変労力を使います。また、業者ごとに仕様が異なるため、比較検討が困難です。(見積り内容や施工内容について一般の方には不透明な部分が多く、客観的な判断が難しいという問題もあります)設計施工分離型の場合、打合せは設計事務所とのみ行うため、効率良く作業が進みます。業者選定においては建築士である専門家が見積もり内容や施工内容を精査します。その透明性が安心、安全といった部分の担保に繋がります。

完成した設計図面をもとに同じ仕様に基づき、複数の工務店・建設会社などによる相見積りが可能です。これにより見積り単価の比較検討が容易にでき、結果的に価格を下げたコストパフォーマンスの高い建築計画が可能になります

設計事務所が設計監理を施工と独立して行うため、建築士は第三者の立場で厳正に現場の不正や施工方法をチェックできます。これにより設計施工一貫型では得られない建築物の品質確保が可能です

規格住宅(仕様の決まった既成品)にはできない、アクロバットな設計が可能です傾斜地や狭小地など厳しい条件でも希望の内容を反映できる建築計画が可能です

規格住宅(仕様の決まった既成品)に比べ、工法や材料を特定しないため選択肢が多く、本来の自由設計が可能になります

綾瀬市 建築設計事務所
■神奈川 東京 横浜を拠点に住宅を中心とした建築デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなものづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。