HOME > HOUSE-K

HOUSE-K

One-story house
ーnew normal styleー

回遊性のある住まい

2021_1223_097.jpg 2021_1223_037.jpg 2021_1223_033_20220505222755238.jpg 2021_1223_065.jpg 2021_1223_026.jpg 2021_1223_040.jpg 2021_1223_063.jpg 2021_1223_015.jpg 2021_1223_042.jpg 2021_1223_049.jpg 2021_1223_067.jpg 2021_1223_050.jpg 2021_1223_070.jpg 2021_1223_028.jpg 2021_1223_074.jpg 2021_1223_076.jpg 2021_1223_036.jpg

[クライアントの要望]
ホームページからお問い合わせをいただきました。330㎡を超える既存宅地に建つ老朽化した戸建住宅を二世帯住宅へ建替えるということで、ご提案依頼を受けました。ヒアリングでは、交通量の多い前面道路の状況や、季節により強風を受けやすいという敷地与件を確認することができました。単世帯から二世帯となる点では、出入口の関係や設備数、間取のイメージなど、提案に際し詳細を確認させていただきました。
 
[設計視点]

平屋建と2階建の2種類の二世帯住宅をご提案し、平屋建プランを選定いただきました。二世帯住宅で平屋建という点で、奥行きのある建築物になりやすく、採光や通風に工夫が必要でした。また 居住人数が増えると一方通行の動線計画では空間的な階層ができやすく、同一フロアで自由に繋がることのできる平屋建てのメリットが薄れると考えました。計画では、建物の中心に約9帖の屋外空間(センターコート)を設けることで、採光と通風を補い、またこの場所を中心に建物全体の動線が回遊可能なものとして設計させていただきました。共用居室である約25帖のLDKスペースやゲストルームを兼ねた和室もこの屋外空間(センターコート)に面した計画とし、プライバシーのあるアウトドアリビングやリビングバルコニーのような特性をもたせました。
画一的で均質なものになりがちな住空間に対し、光や風を感じ、屋外空間を介した風景のある日常が、住まい方に変化をもたらすようなイメージで、設計させていただきました。

 

二世帯住宅・中庭・ウッドデッキ・バルコニー・回遊動線/木造平屋建/延床面積:172.92㎡(52.31坪)/2021年竣工/神奈川県海老名市

DATA  
物件名 HOUSZ-K
用途 戸建住宅
構造  木造1階建(平屋)
敷地面積 331.97㎡(100.42坪)
建築面積 172.92㎡(52.31坪)
延床面積 172.92㎡(52.31坪)
計画地 神奈川県海老名市
竣工年 2022年
総工費(目安)※ 4,580万円(税別)
  ≪ ※総工費は設計監理料と土地代、外構工事費を除いた目安金額となります ≫