HOUSE-HS

風景や自然をゆっくり感じる

丸太柱と小屋組のある別荘

[クライアントの要望]
別荘建築のご提案依頼を受けました。無垢材の空間美をいかした小屋組みや階構成、建築全体の具体的なイメージをおもちでした。離れを建築しアトリエとするなど建物配置についても具体的なご要望がありました。
[設計視点]
丸太柱と吹抜空間のあるダイナミックな空間構成と自然素材に包まれた別荘建築です。敷地は国定公園に近く、緑豊かな大自然が広がっています。建物内部はLDKを中心とし小屋組の見える開放的な吹抜空間と周辺の緑を一体的に感じる開口部に特徴があります。構造体として直径2尺の丸太柱(欅)を家の中心に据え、建物のシンボルとして配置しました。LDKに対面する屋外空間には離れを計画しゆとりのある建物配置となっています。2階は小屋組のある吹抜空間に面しユーティリティースペースや寝室を計画し開放的でつながりのある空間構成となっています。壁面の仕上材には珪藻土を使用するなど自然素材にこだわった造りとなっています。都会の喧騒をかき消すこと、風景や自然をゆっくり感じること、 別荘建築としクライアントの趣味の時間や家族の時間に寄り添うような建築のイメージで設計させていただきました。

別荘建築・小屋組・自然素材・丸太柱/木造2階建(軸組工法)/延床面積:135.03㎡(40.84坪)2008年竣工/静岡県伊東市

別荘 小屋組 事例 画像1

LDK(1)

別荘 小屋組 事例 画像2

LDK(2)

別荘 キッチン 事例 画像3

LDK(キッチン)

別荘 小屋組 事例 画像4

LDK吹抜(小屋組)

別荘 丸太柱 事例 画像5

LDK(丸太柱)

別荘 LDK 事例 画像6

LDK-吹抜

別荘 建築 事例 画像7

R-2

別荘 外観 事例 画像8

建物外観(1)

伊東市 別荘 外観 事例 画像9

建物外観(2)

DATA  
物件名 HOUSE-HS
用途 別荘
構造  木造2階建
敷地面積 2,132.3㎡(645.02坪)
建築面積 94.39㎡(28.55坪)
延床面積 135.03㎡(40.84坪)
計画地 静岡県伊東市
竣工年 2008年
 

■神奈川 東京 横浜を拠点に商業建築・住宅建築の設計デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなモノづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。
 
We are a small architectural practice designing residential and commercial buildings.
We plan buildings and interiors with flair.
Our aim is that each building will have its own timeless character.
 
Motoi Architects Inc.
Senior Registered Architect Office
629-6 Kozono,Ayase City,Kanagawa
〒252-1121 Japan

TEL(+81)0467-67-8637
FAX(+81)0467-67-4825
Email:motoi@motoi-arc.jp

住宅建築・商業建築の提案依頼に関するご相談や土地探し土地選びに関するご相談など随時お受けしております。メールフォームや電話FAXなどでお気軽に問い合せください。