HOUSE-SM

三次曲面の屋根がオブジェの一部のような印象をつくり出す

住宅兼アトリエ・ギャラリー/アーティストの家

[クライアントの要望]
住宅兼アトリエ・ギャラリーとして多摩美術大学出身のアーティスト(画家)新村文祥さんから建築提案のご依頼をいただきました。どの程度のボリュームで建設可能か予算とのバランスを検討しながら進めたいというご要望がありました。仕上や仕様はシンプルなイメージをおもちでした。
[設計視点]
計画地は郊外の閑静な住宅地に位置し南に高低差のある接道があります。コストとの兼ね合いで規模を検討しながら計画を進める必要がありました。絵画を制作し鑑賞する点で北側のハイサイドライト(高窓)を想定し安定した自然採光による室内空間の計画を軸としコストと共に計画規模を確定しました。室内はシンプルな仕上構成としています。具体的に 床は基礎スラブを利用した無機質なコンクリート仕上とし壁はマットホワイトで反射率を抑えたローラー塗装仕上としています。室内の区画には可動間仕切を計画し生活空間・制作空間の領域をフレキシブルに捉えた空間となっています。勾配屋根を利用し室内の天井高さは4M程度確保し、また屋根形状に沿った勾配天井としています。クライアントが建築に求める要望の一つに、アートを扱う建築としてファサードに何れかのイメージをもたせたいという点がありました。クライアントのイメージに対し建物全体をガルバリウム鋼板のスパンドレルで構成し、プロジェクトの特徴でもある勾配屋根を緩やかな放物線を描く三次曲面状に設計デザインしました。三次曲面状の屋根が通常の木造建築では得られないオブジェの一部のような不思議な印象をつくり出す、そんなイメージで計画させていただきました。

戸建住宅・アトリエ・ギャラリー・絵画教室・ローコスト/木造平屋建(軸組工法)/延床面積:81.00㎡(24.50坪)/2018年竣工/静岡県浜松市

アトリエ ギャラリー 事例画像1

ギャラリー

アトリエ ギャラリー 事例画像2

アトリエスペース-ギャラリー

アトリエ ギャラリー 事例画像3

ギャラリー板戸(1)採光調整

アトリエ ギャラリー 事例画像4

ギャラリー板戸(2)採光調整

アトリエ ギャラリー 事例画像5

アトリエ(可動間仕切)

アトリエ ギャラリー 事例画像6

ギャラリー

アトリエ ギャラリー 事例画像7

建物外観(HOSOE ART HOUSE)

アトリエ ギャラリー 事例画像8

建物外観(夜景)

浜松市 アトリエ ギャラリー 事例画像9

建物外観(ガルバリウム鋼板・三次曲面屋根)

DATA  
物件名 HOUSE-SM
用途 アトリエ・ギャラリー・住宅
構造  木造平屋建
敷地面積 221.97㎡(67.14坪)
建築面積 81.00㎡(24.50坪)
延床面積 81.00㎡(24.50坪)
計画地 静岡県浜松市
竣工年 2008年
 

■神奈川 東京 横浜を拠点に商業建築・住宅建築の設計デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなものづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。
 
We are a small architectural practice designing residential and commercial buildings.
We plan buildings and interiors with flair.
Our aim is that each building will have its own timeless character.
 
Motoi Architects Inc.
Senior Registered Architect Office
629-6 Kozono,Ayase City,Kanagawa
〒252-1121 Japan

TEL(+81)0467-67-8637
FAX(+81)0467-67-4825

住宅建築・商業建築の提案依頼に関するご相談や土地探し土地選びに関するご相談など随時お受けしております。
メールフォームや電話FAXなどでお気軽に問い合せください。
CONTACTLinkIcon