HOUSE-IH

5Mのオーバーハングで実現

スキップフロアでつながる開放的な住まい

[クライアントの要望]
敷地南には高低差のあるRC擁壁があり それに付随するRC構造物が存在していました。特殊な敷地状況に対してどのような建築計画が可能か ご提案依頼を受けました。LDK・書斎など居住空間の開放的なイメージをおもちでした。
[設計視点]

計画アプローチのポイントは特殊な既存敷地に対し土木的 構造的にどう取組むかという部分でした。計画敷地の特殊な状況に対しご要望の規模は既存RC構造物を含むエリアで計画する必要性がありました。構造建築家のアラン・バーデン氏と構造計画に関し検討を進めました。アラン・バーデン氏のサポートのもと 約5Mのキャンティレバー工法で既存構造物にオーバーハングさせる案をご提案させていただきました。鉄骨造3階建延床57坪程度の建築規模を想定し計画を行いました。傾斜した前面道路の高低差からガレージ天井高さを割り出し建物全体の断面構成を検討した結果、細かなスキップフロア形式の断面構成がベストでした。エントランスガレージ・リビング・書斎・DK・浴室・寝室の各フロアレベルをすべて異なる高さで設定し建築基準法による高さ制限をクリアし連続する一体空間にリズムや間をつくり出すよう計画に工夫をしました。DKにはサービスバルコニー、寝室フロアにはプライベートなルーフバルコニーを また南に面したリビングフロアには眺望をいかした約15帖の大きなバルコニーを計画しリビングと一体的な空間利用を可能としました。機能的で開放感のある住空間をイメージし設計させていただきました。

スキップフロア・吹抜・リビングバルコニー・キャンティレバー・戸建住宅/鉄骨3階建(structured-environment)/延床面積:188.86㎡(57.13坪)/2012年竣工/神奈川県横浜市

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像1

リビングフロア(CH4.0M吹抜)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像2

リビングフロア・書斎フロア

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像3

エントランスフロア

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像4

書斎フロア

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像5

スキップフロア階段

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像6

ダイニングキッチンフロア

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像7

キッチン-ダイニング

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像8

洗面室フロア

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像9

寝室フロア(廊下)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像10

R-1(ロフト付)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像11

R-2(ロフト付)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像12

R-3

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像13

建物外観(1)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像14

建物外観(2)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像15

建物外観(3)

横浜市 鉄骨 3階建 事例 画像16

建築模型

DATA  
物件名 HOUSE-IH
用途 戸建住宅
構造  鉄骨3階建
敷地面積 189.50㎡(57.32坪)
建築面積 103.49㎡(31.30坪)
延床面積 188.86㎡(57.13坪)
計画地 神奈川県横浜市
竣工年 2012年
 

■神奈川 東京 横浜を拠点に商業建築・住宅建築の設計デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなものづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。
 
We are a small architectural practice designing residential and commercial buildings.
We plan buildings and interiors with flair.
Our aim is that each building will have its own timeless character.
 
Motoi Architects Inc.
Senior Registered Architect Office
629-6 Kozono,Ayase City,Kanagawa
〒252-1121 Japan

TEL(+81)0467-67-8637
FAX(+81)0467-67-4825

住宅建築・商業建築の提案依頼に関するご相談や土地探し土地選びに関するご相談など随時お受けしております。
メールフォームや電話FAXなどでお気軽に問い合せください。
CONTACTLinkIcon