HOUSE-AK

分離発注で得られるモノづくりのイメージ

奥行き2.5Mのバルコニーと回遊性のある住まい

[クライアントの要望]
LDKの大きさや居室配置について具体的なご要望がありました。オープンキッチンを中心としたLDK空間による新しい暮らし方のイメージをおもちでした。LD空間のシアター設備などもご要望がありました。クライアント自身も建設関係のお仕事をされており、当初より工事は分離発注形式で進めたいというご希望がありました。
[設計視点]

コスト意識を高くもち建物は層二階建として計画しました。1階はオープンキッチンのある約20帖のLDK空間と和室・水回りを計画しました。LD空間はシアタールーム化し映像や音響設備の環境を整えました。2階は2つの洋室を中心に南に開けた約15帖のルーフバルコニーを計画し採光環境に配慮するとともに居住性を高めています。発砲ウレタン吹付けの断熱仕様とし冬季や夏季の温熱環境に配慮しました。立体(キューブ)を構成要素とした立面的なイメージで特徴をつくり、また庇や軒を設けないことで工事の省力化を計りました。
居室から直接アプローチできる奥行き2.5Mのバルコニーや回遊性のある平面計画で新しい暮らしのイメージを実現させています。
分離発注形式は各業者に見積を依頼し工事を行うためコストの透明性をより具体的に感じることができます。打合回数は通常より増えますが、たくさんの人と関わり協力して建物をつくり上げてゆくモノづくりのイメージを実感できる点は大きな特徴です。

戸建住宅・ルーフバルコニー・回遊性・シアタールーム/木造2階建(軸組工法)/延床面積:139.98㎡(42.34坪)/2013年竣工/神奈川県厚木市

LDK オープンキッチン 事例 画像1

LDK(オープンキッチン)

LDK アクセントウォール 事例 画像2

LDK(アクセントウォール)

LDK シアタールーム 事例 画像3

LDK(シアタールーム)

和室 事例 画像4

和室(6畳)

寝室 事例 画像5

R-1

寝室 事例 画像6

R-2

ルーフバルコニー 事例 画像7

ルーフバルコニー

寝室 事例 画像9

R-1(可動間仕切による分室化)

模型 事例 画像10

建築模型

厚木市 住宅 外観 事例 画像12

建物外観

DATA  
物件名 HOUSE-AK
用途 戸建住宅
構造  木造2階建
敷地面積 148.79㎡(45.00坪)
建築面積 74.52㎡(22.54坪)
延床面積 139.98㎡(42.34坪)
計画地 神奈川県厚木市
竣工年 2013年
 

■神奈川 東京 横浜を拠点に商業建築・住宅建築の設計デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなものづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。
 
We are a small architectural practice designing residential and commercial buildings.
We plan buildings and interiors with flair.
Our aim is that each building will have its own timeless character.
 
Motoi Architects Inc.
Senior Registered Architect Office
629-6 Kozono,Ayase City,Kanagawa
〒252-1121 Japan

TEL(+81)0467-67-8637
FAX(+81)0467-67-4825

住宅建築・商業建築の提案依頼に関するご相談や土地探し土地選びに関するご相談など随時お受けしております。
メールフォームや電話FAXなどでお気軽に問い合せください。
CONTACTLinkIcon