HOUSE-HY

小さなシーンの一部から全体をつくる

シアタールームのある家

[クライアントの要望]
LDを兼ねた和室にシアタールームを設けることがご要望の中心でした。スピーカーやスクリーン、プロジェクターの設置位置などからLDの大きさや建物全体の骨格を割り出しどの程度の規模で進めるか検討の必要がありました。その他将来の介護や子育て空間の具体的なイメージをおもちでした。
[設計視点]
計画地は開発区域でありまた河川に近接しているという点で地区計画や河川法などの関係法令の規制が厳しくありました。法に準じた建物配置を基本に駐車スペースを含め、より機能的なゾーニングを行いました。建物はシアター設備の中心であるスクリーンのサイズとプロジェクターの投影距離から全体の骨格を検討しました。1階はシアタールーム(LD)を中心とし和室,水回りを配置し機能的な空間構成とし将来の介護を想定しバリアフリーの計画としました。敷地北側には丹沢山系への眺望が期待でき2階は山々を望む約8帖の広さをもつ開放的なルーフバルコニーを中心に寝室や子供部屋を計画しました。バルコニー越しに山系を望むことができるスタディールームは特徴のひとつです。ファサードは立体的でシンプルな構成としコスト意識を高めました。

HY邸はシアタールーム空間を中心に計画を進めました。映画の小さなワンカットをつなぎ合わせる作業のように将来の介護や子育て,現在の趣味や生活など様々なシーンの一部から全体をつくり上げる そんなイメージで設計し完成した戸建住宅です。

戸建住宅・ルーフバルコニー・シアタールーム・バリアフリー/木造2階建(軸組工法)/延床面積:121.31㎡(36.69坪)/2017年竣工/神奈川県平塚市

シアタールーム 事例 画像1

シアタールーム(和室)

和室 16畳 事例 画像2

和室16畳(1)

和室 16畳 事例 画像3

和室16畳(2)

和室 16畳 事例 画像4

和室16畳(3)

和室 6畳 事例 画像5

和室(6畳)

キッチン 事例 画像6

キッチン

スタディールーム 事例 画像7

スタディールーム-バルコニー

ルーフバルコニー 事例 画像8

ルーフバルコニー(丹沢山系眺望)

平塚市 建物 外観 事例 画像9

建物外観

建築模型 事例 画像10

建築模型①

建築模型 事例 画像11

建築模型②

DATA  
物件名 HOUSE-HY
用途 戸建住宅
構造  木造2階建
敷地面積 173.00㎡(52.33坪)
建築面積 70.80㎡(21.41坪)
延床面積 121.31㎡(36.69坪)
計画地 神奈川県平塚市
竣工年 2017年
 

■神奈川 東京 横浜を拠点に商業建築・住宅建築の設計デザインを手掛ける建築設計事務所です。
■光や風、自由な間取りをテーマに大切に長く使える「クリエイティブなモノづくり精神」で設計活動をしています。
■「敷居は低く志は高く」お客様とのコミュニケーションを大切に設計してゆくのが私たちのスタイルです。
 
We are a small architectural practice designing residential and commercial buildings.
We plan buildings and interiors with flair.
Our aim is that each building will have its own timeless character.
 
Motoi Architects Inc.
Senior Registered Architect Office
629-6 Kozono,Ayase City,Kanagawa
〒252-1121 Japan

TEL(+81)0467-67-8637
FAX(+81)0467-67-4825
Email:motoi@motoi-arc.jp

住宅建築・商業建築の提案依頼に関するご相談や土地探し土地選びに関するご相談など随時お受けしております。メールフォームや電話FAXなどでお気軽に問い合せください。